酸洗いは経済的

金属加工には欠かせない!酸洗い処理とは

酸洗いとは、その名の通り、酸を使用して金属を洗浄することです。金属製品を酸性溶液にに浸けることによって、表面にこびりついている酸化化合物を洗浄し取り除く科学洗浄処理方法で、業者の間では酸洗処理と呼ばれています。
酸洗いで使われる酸は、主に硫酸や塩酸などの劇薬であり、非常に慎重に行わなければなりません。
酸洗いの目的は、金属の表面を加工するための作業をシンプルにしすることです。以前は、金属加工の行程には研磨作業や、錆び取り作業などの行程を減る必要がありましたが、酸洗いを施すことによって、このような面倒な作業をせずに、酸洗処理後に水洗浄をして、完成となる製品もできてきました。酸洗いはまさに経済的なのです。

酸洗処理の3つ方法とは?

酸洗処理には、大きく3つの方法に分類されます。
1つめは「酸洗い」。酸液に浸けておき、金属加工の行程である熱処理において付着したスケールや錆びを除去して金属の表面をきれいにする化学洗浄処理方法です。
2つめは「酸浸漬」。アルカリ皮膜や酸化皮膜を除去し、金属の表面を活性化する方法です。
3つめは「エッチング加工」。腐食とも呼ばれ、酸液などの薬品に浸けることによって、ステンレスや銅板に文字やデザインを掘ったり色を入れたりする方法です。硬貨をイメージしていただくと非常に解りやすいと思います。
このように、酸洗いは金属加工になくてはならない行程になってきました。特に、安全な施設さえあれば、場所を広く取ることも複雑な機械を導入することもありません。近年は経済的な酸液も多く開発されてきています。酸洗いはこれからも注目されてくるでしょう。

金属表面処理方法は様々な種類があります。たとえば塩酸や硫酸などに付ける酸処理や、細かい砂粒を高速で叩きつけるショットブラスト処理などがあります。