酸洗いで見違えた

メッキ前に行うことで輝きを取り戻す手法

ロウ付けや熱処理を金属に行った場合、サビや焼け跡がついてしまうことがありますが拭き作業で取り除くことは難しいです。綺麗に加工できているようにみえても、小さな見えない程度の傷がつくことで新たなサビが発生したり水に弱くなってしまうことがあります。
このようなトラブルを避けて、サビや焼け跡を綺麗に取り除くことができるのが酸洗いという手法です。メッキをする際の前処理として行われることが多くなっています。メッキの前処理に酸洗いを行うことで、メッキと金属がしっかりと密着するようになり金属の寿命がアップします。表面を見違えるように綺麗にして輝きを取り戻すだけでなく、金属を長持ちさせる効果もあるのが酸洗いの効果です。

工業製品に酸洗いは大切

工業製品が長年使用していると細かい箇所にまでサビができてしまい、大事故が発生するか可能性があります。ボルトやネジに少しサビがついているだけでネジが上手くかみ合わなくなってしまい、衝撃によって外れてしまう危険性も高くなります。
このような問題を解決するために行われているのが酸洗いです。手作業で掃除することが難しいネジの隙間の、スムーズに綺麗にできます。綺麗になったネジで工業製品を組み立てることによって見違えるようにネジが噛み合うようになるので、検討してみましょう。人間の手だけでは落とすことが難しく、洗い残しが出ててはいけない状況などで活用できる手法です。特にチタンやアルミなどに行うことで、効果を感じられます。

リン酸処理とは、リン酸塩処理とも呼ばれ、亜鉛や鉄鋼など金属の表面に対して行われる、クロム酸塩、リン酸塩など金属塩の被膜化合物を使用した、塗装の下処理のことを言います。錆の防止などの目的で行われます。