酸洗いの工程とは

下地処理に欠かせない

酸洗いの工程とは、製品の表面処理を目的とした洗浄で、強酸槽に製品を漬け込んだ上で洗浄を行います。金属表面の洗浄が主な目的ですが、メッキや塗装、そして切削などの下地処理を目的とする場合にも施される工程となっています。また、ステンレス材の場合は、加工などで傷ついた表面に、皮膜を再形成する為にも行われます。
金属製品には、製作時に溶接スケールや燃焼スケール、もらい錆びや切削油分などが付着しています。こうした不純物を取り除くために、酸洗いが有効になるわけです。特にステンレスやチタン、そしてアルミニウムなどの非金属製品の場合は、酸洗いが最終工程になることが多く、外観品質の向上には欠かせない工程だと言えます。

ステンレス加工に欠かせない

金属製品をメッキ工程や塗装工程に送る場合、密着性を高めるために酸洗浄を施すのが一般的です。酸洗い後は油分が除去されると共に、仕上がり面がざらついた感じになります。その為、塗料などが密着しやすくなるわけです。
ステンレスが錆びに強いのは、表面に超極薄の膜が張っているからで、不動態皮膜又は酸化被膜とも呼ばれています。ステンレスに含まれるクロムと酸素が反応して形成されるのが酸化被膜で、内部が錆びるのを防ぐことができます。但し、製品の加工や溶接、そして切断などによって被膜が破壊されるので、そのままでは耐久性に問題が生じることになります。酸洗いは、クロムと酸を反応させることで、酸化被膜を再形成するわけです。

塗装剥離は、ケレンとも呼ばれ、塗装の前に錆・塵などを落とすことをいいます。この作業によって、均一で滑らかな塗装に仕上げることができます。